脱毛効果と痛みの関係性

痛みの弱い脱毛サロンがある

脱毛は痛みがあります。しかも結構な痛さです。

 

脱毛サロンについて調べていると

 

  • 全然痛くなかった
  • 少し熱く感じる程度
  • 輪ゴムを弾くイメージ

 

といった「痛くなかったレビュー」があります。

 

確かに、人によっては腕や足などは痛みが弱いこともあります。
また、最近では「痛みの弱い脱毛」を売りにしている脱毛サロンもあります。

 

脱毛する側としては、できれば痛みは無い方が嬉しいけれど、本当に痛みを感じないほど痛みの弱い脱毛があるのでしょうか?また、痛みが弱くても脱毛効果はあるのでしょうか?

痛みが弱いと脱毛効果も弱い

結論から言うと、脱毛のときの痛みが弱いと脱毛効果も弱いです。

 

もちろん最近では、脱毛サロンも脱毛機の開発、企業努力を重ねていて、痛みのケアにも配慮していますが、基本的に「脱毛効果が高い=痛みも強い」となります。

 

「痛みも感じなくて、ムダ毛も生えないツルツル脱毛〜♪」といったレビューがあったとしたら、それはほぼ100%ウソです。脱毛の痛みと脱毛効果は比例します。

 

光脱毛 レーザー脱毛 美容電気脱毛
脱毛効果 丸
生えなくなる
数年後生える可能性あり
二重丸
生えなくなる
数年後も生えない
花丸
生えなくなる
数年後も生えない
痛み 花丸
普通の痛み
二重丸
強い痛み
三角
かなり激しい痛み

脱毛の仕組みと痛み

脱毛の痛みは、脱毛の仕組みを考えるとわかります。

 

脱毛方法の違いによって、レーザーを照射するか電気を流すかといった違いはあるのですが、毛穴の奥の発毛組織(毛乳頭・毛母細胞)にダメージを与えて発毛を抑止するということに変わりはありません。

 

■レーザー脱毛の仕組み
脱毛の仕組み

 

このとき、発毛組織に与えるダメージが大きければ大きいほど、脱毛効果も高くなり痛みも強くなります。より強くダメージを与えれば痛みも大きくなりますよね。

 

そのため、女性の脱毛サロンで流行っている「痛みもなくて脱毛時間もスピーディー」というのは、脱毛効果があまり期待できません。理想のムダ毛の薄さになるまでに相当の脱毛回数が必要だし、結局しばらくすると生えてきてしまうことになります。

 

脱毛の痛みの弱さを売りにしている脱毛サロンは、基本的に選ばないほうがいいでしょう。

 

それよりも、脱毛の痛みを隠すことなくしっかり説明して、出来る限りの痛みケア対策をしているお店を選ぶべきです。その方が、脱毛効果も痛みもバランスのいい脱毛が期待できるはずです。

 

特に痛みに弱い人は、医療系のクリニック(男性ならメンズリゼクリニックや湘南美容外科クリニックなど)なら、麻酔クリームや笑気ガスなど痛みを緩和するサービスもあるので、そういったお店を選ぶといいでしょう。